f:id:rakbaimai2:20170618204739j:plain

僕が初めて女の子を好きになったのは何歳の頃だろう?
幼稚園、小学生、はっきりと覚えていないがやはり気になる子はいつでもどんな時でも輝いて見えたものです。ワクワクとときめく気持ちはいくつになっても同じです。47歳のオヤジでもそれは一緒ですね。夫婦でよく頑張ったご褒美を買う時、妻の笑顔を見るとやはり嬉しくときめくものです。

プーケット人になってしまった娘。
『11歳になったら彼氏が欲しい』っと言っておりました。
ふと『今は7歳だよな~』『あと4年後には彼氏が出来るんだな~』っと考えたり。

とは言え今通っている学校は生徒数が約30名のとても小さなインターナナショナルスクールです。その中で選ぶ事も大変で、逆に選ばれる事も大変なことです。

『付き合うならどこの国の人が良いの?』っと聞くと『日本人が良い!結婚して日本に住みたいから♪』っと言っておりました。まるでタイ人が言いそうなこと、そうそう僕の娘はプーケット人でした。どこの国の人と付き合っても良いと思います。ただ日本人らしい女性として、繊細な心だけは忘れないで欲しいと思うのです。

f:id:rakbaimai2:20170618204759j:plain

さてこの写真はカタビーチです。
家族で夕涼みにビーチへ行くのが好きです。家は蒸し風呂状態になりますからね。風も心地良く空気も美味しい場所、海はいつ訪れても良いもんです。南国の島暮らしの特権ですね。

スポンサーサイトリンク


『いつかパラセーリングをやりたい!』っと見る度に言う娘。
僕はあまり得意ではありません。
あのロープが切れたらどうなるんだろう?っとプーケットに住み22年ですが、いまだに心配になります。パラセーリングよりバイクの方がよっぽど危険なんですけどね。

来島予定の皆さん、バイクレンタルだけはくれぐれも注意して下さいね。日本の交通事情とは全く異なります。事故がとても多い島、なるべくTAXIやtuktuk(トゥクトゥク)での移動をお勧めします。

f:id:rakbaimai2:20170618204815j:plain

ヤシの木のブランコ。娘のお気に入りです